屋根の形状で変わる雨漏り対策【板橋区】

傾斜のある屋根は防水工事で雨漏りを修理することではできません。たとえば瓦屋根に何らかのダメージがあった場合、その箇所に防水の塗装しても雨漏りはおさまらないです。瓦屋根のダメージは瓦本体がズレていたり割れている、漆喰が剥がれているなど、塗装の膜でどうにかできる種類ではないトラブルがほとんどなのです。

屋根の雨漏り

今、かなり需要が多いスレート屋根は、雨漏りの直接の原因となったダメージ部分の補修などが必要です。つまり、屋根の形や構造が異なる場合、雨漏り修理方法も異なると考えてください。それぞれに適した方法や材質があるので、修理業者と話し合って決定してください。

 

また、屋根屋上や陸屋根の場合は屋根全体を薄い膜で覆うような防水加工を施すことで、雨漏りがおさまります。このタイプの屋根は、傾斜がある屋根と違って自然に雨水を地面に流すことができないので、防水加工をしていないと、溜まった雨水が染み込んでしまい雨漏りをする場合があるからです。

家はとても高価な買い物です。なるべく経年劣化をしないよう、雨漏り対策やメンテナンスは定期的に行い、雨漏りを防止しましょう。もし、大切な自宅が雨漏りをしたら、その本来の価値を取り戻すまでに、時間と気力やお金を使うことになってしまいます。

 

今現在、ご自宅の雨漏り修理をご検討の際は、まずは、長年板橋区の屋根修理の実績がある、LOVE STYLEへご連絡ください。私たちは、まず無料診断をして、必要なところだけ修理のご提案をさせていただきます。