玄関に雨漏り発生>新宿区E様邸

新宿のE様より『玄関に雨漏りがあるので見て欲しい』と、ご連絡をいただきました。
さっそく調査に伺ってみると、家の顔である玄関先にバケツが置いてあります。
雨漏りの心配に加え、玄関先にバケツを常備する不自由な生活をしていた事がうかがえます。
原因を突き止めて、雨漏りは必ず止めます!

218

玄関上の屋根を見てみると、板金を不自然に継ぎ足した所がありました。
玄関の屋根が短かく、雨降りの時にぬれてしまう事から、
数年前に玄関上の屋根を延ばす工事をしたという事でした。
通常は継ぎ足しなく施工する板金を不自然に継ぎ足しており、
コーキングも適切ではない事から、雨漏りして当然と思われる状態でした。
カバー工法で施工し、コーキング処理をして完了です。
E様邸では雨漏りはそれ以降なく、玄関に置いたバケツがやっと取れると喜んでいただけました。

1枚よりも2枚つなぎ合わせた屋根の方が、接続部分からの雨漏りリスクが高くなります。
それでも増築などで屋根が継ぎ足される事はあると思いますので、
適切な処理をして、雨漏りを防ぎたいですね。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。