外壁からの雨漏り(杉並区)

杉並区のT様が外壁から雨漏りがするとおっしゃるので、
調べに行ってまいりました。
雨漏りで一番多いのは屋根ですが、外壁からの雨漏り
も少なくないです。近年は、台風や暴風雨などの異常気象が続き、
横殴りの雨が降ることによって気づかされたお客様が多かったです。

外壁からの雨漏り

どうすればいち早く外壁からの雨漏りを見つけられるかご紹介いたします。
まず、外側から見てすぐ分かるのが、「外壁タイルや
サイディングの剥がれ」、「外壁、ベランダのひび」ですね。
室内から分かるものとしては、「天井にシミができる」、
「窓枠にシミができる」、「壁紙が剥がれる」等
が多い現象ですね。それから、窓まわり、窓枠差都合部、
サッシの隙間からの漏水もあります。見つけにくい
ケースもご紹介しましょう。屋根からではなく、テラス
やベランダにたまった水が外壁を流れることによって
既存の隙間より水漏れしてしまう場合。原因は、ベランダ、
テラスの排水がうまくいっていない、あるいは、ベランダ、
テラスの床にひびが入っていることが考えられます。
また、屋根の軒が短いことも大きな原因の一つになります。
杉並区のT様はこのケースに該当していました。
軒の長さが十分でないと、雨水が雨どいに集まらず、大量に
外壁を這うことになるので、外壁の劣化が早まるのです。
それから、雨どいの破損もお忘れなく。雨どいの機能が
弱まると、結果雨水は外壁を伝うことになり、劣化を早めます。
以上紹介したケースが複合的に絡んでいる場合もあり、
雨漏りの特定は大変難しいです。自己判断で修理を行うと
何度も同じ現象が再発してしまう可能性が高いので、
気になる場合はまずプロに相談することをお勧めします。