玄関上の破風板修理(渋谷区)

今回は、渋谷区にお住まいのU様より玄関上の破風板修理についてご依頼いただきました。早速、現状調査に伺います。

U様邸は築年数30年近く、既存の破風板が経年劣化により痛みが激しい状態でした。屋根の傾斜がゼロに近く、雨水が破風板に触れている時間が長いためか、痛みが激しいようです。

Jpeg

木製の破風板は金属製に比べると、雨水等の影響を受けやすく、痛みやすい傾向にあります。痛んだ破風板をそのままにしておくと、取付けてある雨樋が落ちてきたり、破風板自体が落下してくる可能性もあり、放置しておくのは大変危険です。

U様邸はご高齢のご両親と生活を共にされており、このまま破風板を放置して腐食が進んでしまうと、落下の危険もあるとお伝えしたところ、高齢の両親に何かあっては困る、一刻も早く修理をして欲しいと慌てたご様子でした。

玄関上の破風板は痛んでいても、生活スペースに直接影響がないことが多いため、修理を後回しにしてしまいがちですが、玄関はご自宅の顔の様なものでもあります。キレイになると気持ちのいいものです。