雨漏りの応急処置で梯子を使う時の注意点 その1【豊島区】

突然の雨漏りの応急処置で屋根に登ったご経験はありますか?慣れない高所作業はとても危険です。修理の前に、まずは安全に梯子をかけるところから、確認していきましょう。

ストレート屋根

ほとんどの屋根の形状では、梯子を屋根にかけた時に雨どいにも梯子が干渉します。まずは、重さがかかってしまって雨どいが割れたりしないような位置を見つけてください。また、梯子がグラグラと安定しない時は、雨どいの支持金具と梯子の上部を縛って固定しましょう。

 

梯子をかける理想的な角度は75度です。傾きが浅すぎると、梯子の足が地面を滑ってしまい梯子が天秤のようにグラグラと揺れて倒れてしまう可能性があります。逆に、傾きが深すぎると、上っている最中に自分の側に梯子が倒れてきてしまう可能性があります。最近の梯子には角度がわかるシールが貼ってあるので、上る前に必ず確認しましょう。

 

作業は一人で行わず、家族や知人などに手伝ってもらいましょう。梯子と自宅の一部をロープで結んだりして、足元がズレないように気をつけてください。上記のように梯子が倒れてしまうと、大怪我を負いかねません。また、地面が斜めだったり、砂利で不安定な場合も危険です。何か下に敷くなど、必ず平らな面の上で梯子を使用してください。

 

ご家庭で出来る応急処置はあくまでもその場しのぎの処置です。できるだけ早く、専門の業者に修理の依頼をしてください。その際、費用がいくらかかるのかなど、ご不安なことも多いかと思います、まずは、長年板橋区の屋根修理の実績がある、LOVE STYLEへぜひご連絡を!私たちは、まず無料診断をして、必要なところだけ修理のご提案をさせていただきます。