天窓からの雨漏りに注意>中野区U様邸

近年の住宅事情から、プライバシーの確保やデザイン性などで天窓付きの住宅をよく目にします。
中野のU様邸では、都心の住宅密集地という立地のため日中は窓やカーテンを閉めきって
過ごしていたので暗く、リフォームをきっかけに天窓を付けたそうです。
自然光が入るので、日中は照明を使う事がほとんどなくなり省エネにもなります。
近隣の目も気にせず室内も明るくなり、しばらくは天窓生活を満喫していたそうです。

この冬は都心でも雪が立て続けに2回も降り、最初の雪が溶け切らないうちに、
また屋根や天窓にも雪が降り積もり、室内から天窓を見上げては不安を感じていたそうです。
そんなご相談をいただいたので、今回は天窓周辺に詰まっていたゴミの撤去と
防水シートの確認、ガラスのゴムパッキンの交換をする事になりました。
これでしばらくは安心して天窓がある生活ができる、とU様に喜んでいただきました。

147

天窓は『屋根に開けた穴』です。そのぶん普通の屋根より雨漏りのリスクが高まってしまいます。
天井からの明かり取りとして重宝されていますが、ほとんど使っていなかったり、
太陽の光が眩しいのを我慢して暮らしている場合は撤去してしまうのも一つの方法です。
屋根のメンテナンスと同じ時期に天窓の点検もしてみてはいかがでしょうか。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。