外壁のヒビにより少しずつ雨水侵入により雨漏り発生《厚木市 F様邸》

外壁のヒビ外壁のヒビにより雨水が侵入してくるケースがあります。
F様邸ではヒビが窓のサッシ部分に伸びてしまい、窓の橋から雨水が侵入してきてお気付きになられたそうです。

家の外の壁なんてマジマジと全部見ることは日常なかなか難しいので、発見が遅れてしまうのも仕方が有りません・・・

鉄筋コンクリート造や木造モルタル外壁の場合は乾燥収縮である内部要因と、地震、気候、地盤のなどの外部要因にが多いと言われています。
通常の建物は、内部要因と外部要因の両方が影響してヒビ割れが発生していると言われています。

コンクリートとモルタルにヒビ割れが発生しやすい原因は、材料自体が水を使ってセメントと砕石や砂と練られて、乾燥させて造るものだからあり、それが乾燥すると収縮し、ヒビ割れの原因となります。
材料自身がそのような特徴を持っている事だけでも覚えておくと、メンテナンスの時期なども考えやすくなりますね☆