今後の雨漏りに備えて>足立区C様邸

C様邸の瓦屋根はとても丈夫でしたが重量が心配でした。
頭が重い瓦屋根では、地震の時に家が倒壊することがあります。
今後の天災の事を考えて、葺き替えをご希望されました。

リフォームとひと口に言っても色々な方法があり
「重ね葺き」「塗り替え」「葺き替え」が代表的なところです。

140_DSCN1071

「重ね葺き」
劣化した屋根の上から新しい屋根材を被せる事で、カバー工法とも呼ばれています。
長所は既存の屋根を使用するため廃材撤去がない事。短期間で施工できる事です。
その反面、下地が劣化していると施工できない、既存の屋根にかさねるため重くなるとも言われています。

「塗り替え」
屋根を高圧洗浄して、下塗りと仕上げ塗りをします。
錆やコケの発生を抑え断熱性が高まり、屋根の寿命を延ばせます。
ただし、屋根材が劣化していると塗り替えはできません。

「葺き替え」
下地も屋根も撤去し、新しい屋根材に取り替える事です。
下地も劣化している場合は葺き替えになります。外観も綺麗になり計量化も期待できます。

C様邸のように、雨漏りはしていなくても屋根のメンテナンスをする事で
今後も安心して暮らしていきたいですよね。

お客様のご要望に合わせて様々なプランをご用意しています。
雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。