三階建は雨漏りしやすい??【豊島区】

少しショッキングなタイトルですが、実は雨漏り問題と3階建て住宅は切っても切れない関係なのです。

その原因を知っていただくために、少し専門的な内容をお話しします。

三階建て

【3階建て住宅が雨漏りしやすい理由】

3階建ては吹上が激しく、2階建てと同様の軒天井と外壁を突き付けただけの納まりでは、雨漏りを防止できません。しっかりと防止するには、施工の時に軒天井と外壁の防水シートを繋げて、厳重に防水対策をする必要があります。ところが残念なことに、多くの施工業者ではそこまで厳重には対策をしないようです。。特に木造3階建ては構造的に問題がなくても雨漏り対策が十分になされていないケースがとても多いのです。

また、軒天井の通気口からも雨が侵入し、雨漏りや腐食の原因となります。室内に入り込んだ水は、家を支えている大切な柱の木材を腐食させ、住宅の耐久性を著しく低下させてしまいます。慢性的な湿気がカビを生やし、最悪の場合シックハウス症候群を発症させる可能性もあります。特に小さいお子様がいるお家は、カビや湿気は心配ですよね。

このように、雨漏りはその時に大変なだけでなく、何年も続く二次被害のリスクを引き起こしてしまいかねません。

家を施工する時やリフォームする時は、どうしても少しでもコストを安くしようと考えてしまいがちです。そして、実際に生活の場であるキッチンやリビングの仕様の方に、重点を置いてしまいがちです。ですが、屋根は家のすべてを雨風から守ります。雨漏り対策がいい加減なまま施工を進めてしまうと、せっかくのご自宅が雨漏りだらけの欠陥住宅になってしまいます。

ただ、屋根のことはどういう種類があるかやお値段など、あまりピンとこない方も多いかと思いですよね。
そんな時は、まずLOVE STYLEへご連絡ください。