屋根修理で寒さ対策>中野区O様邸

屋根や外壁の塗り替えのタイミングで寒さを軽減できる事があります。
「断熱塗料」は熱伝導を抑える働きがあるので、部屋の熱を外に逃がさず
一方、外からの太陽の熱が室内に入るのを抑える働きもあるので、
室内の温度を冬は暖かく、夏は涼しさを保つ事ができます。
内壁に塗れる断熱塗料もあり、さらに効果が期待できます。

139_DSCN1089

屋根の塗り替えを検討中のO様も、この冬は寒くてたまらないと言う事で、
寒さ対策のリフォームはあるのか質問を受けました。
O様邸は1階と2階を貫く吹き抜けがあり、冬は暖房がなかなか効かずに寒いそうです。
吹き抜けの寒さ対策には、上へのぼっている暖かい空気をかくはんするのが効果的です。
天井に送風機を取り付けたり、暖房とサーキュレーターを併用するのがいいと思います。

リフォーム時なら、壁・床・天井に断熱材を入れたり、
窓を二重にする、断熱フィルムを貼るなどの方法があります。
断熱フィルムも外からの熱をカットするため、夏は冷房の涼しさをキープできます。
さらに足元から底冷えする場合は、床暖房が効果的です。

O様邸では屋根の断熱塗装を施した事で寒さ対策や省エネになり、
見た目も綺麗になったと喜んでいただけました。

屋根修理・塗装についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。