外壁凍害による雨漏り>新宿区T様邸

劣化した外壁材が水分を含むと、寒い冬はその部分が凍結を繰り返し剥離してしまいます。
多くの住宅で採用されている「窯業系サイディング」という外壁材は、この凍害が起こりやすいのです。
それはサイディングの張り方に原因があります。
「直張り工法」透湿防水シートを張り、直にサイディングを張る。
「通気工法」透湿防水シートを張り、銅縁という木材を打ちつけた後にサイディングを張る。

「直張り工法」のように銅縁がないと通気性が悪くなり、湿気の逃げ場がなくなった結果、
サイディングが水分を吸って凍害が起こるというわけです。
また、サイディングを専用金具ではなく釘で張ると、釘の周りから凍害を起こす事もあります。
凍害は寒い地方でよく見られたのですが、関東でも雪が降り寒気が続いたため、
外壁凍害が原因で雨漏りが発生したケースがありました。

138

T様邸では外壁塗装が剥がれて浮いている場所から雨水が侵入し、
1階のサッシ上から雨漏りが発生しました。
関東でも雪が降り、寒気が続いたため外壁材の凍害がおこり、
外壁が剥離した事が原因で雨漏りを引き起こしていました。
雪が降らなくても、建物は寒さのダメージを受けているという事です。
外壁を触るとボロボロ落ちる…などの異常がないかチェックしてみましょう。

雨漏り・外壁修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。