見えにくい、谷樋からの雨漏り。《所沢市 F様邸》

谷樋とは、2つの屋根の下部の先端ある溝型の部分で、この谷部分に取り付けられる雨樋の事です。
谷樋F様邸より、天井のシミの範囲が広がってきたと言うご依頼を受け屋根の確認をしましたところ、雨樋機能の低下が原因だと判明致しました。

雨水が谷に集中しやすいため、経年変化や気候によって劣化のスピードは速いのです。

【注意点】
経年変化よって、雨樋以外の箇所の板金が歪んだり曲がったりすることがしばしばあります。
その結果、雨水がスムーズに排水されず、水は屋根にダメージを与え続けてしまい、錆びや穴あきを発生させてしまいます。
屋根に大きな水たまりが出来てしまうと考えてみたら、雨漏りするのも想像出来ますよね・・・icon_sad.gif
また、機能が低下してしまと、雨水が排水しきれず逆流を引き起こしてしまい屋根の内部に浸水するケースです。
豪雪時に雪が谷樋に集中して積る場合や、雨樋の集水器にゴミが溜まっている場合などにも発生しやすいです。
それは、ゲリラ豪雨などでも多発しますので注意が必要です。
誤ったDIYを行うことで、雨漏りが発生してしまったり、悪化することも有るのでまずは電話にてご相談下さい。