日頃のメンテナンスで雨漏り防止>日野市M様邸

積雪の後から雨漏りがするとM様から連絡を受け、現場調査。
2階の天井に水が染み出しているのがひと目で分かります。
屋根に上がってみると、スレートの割れから雨水の侵入が見られます。
これでは雨漏りするのも無理はありません。

137_CIMG0742

M様に雨漏りの状況をお聞きすると、雪が降った後に天井の水染みが時間とともに広がり、
水がポタポタと落ちてきたので仕方なくバケツを置いて一晩過ごしたそうです。
今まで一度も屋根のメンテナンスをした事がなかったM様は、
次々に落ちてくる雨水を見ながら「日頃からメンテナンスしておけば良かった…」と実感したそうです。

原因は1カ所ではありませんでした。
スレート屋根の頂上を覆っている棟板金のクギが強風によって浮き、そこからも雨水が入っています。
このまま放置すると、棟木が腐食することもあります。
あるいは棟木が腐っているから、クギが浮いてしまっているケースもあります。
クギが浮くと棟板金が剥がれて飛んでいた可能性もあり大変危険です。
雨水を受ける事により、鉄のクギの場合は錆が出てクギ穴が大きくなり、雨漏りする事も考えられます。

M様邸のように、この機会に日頃からのメンテナンスを心がけてみてはいかがでしょうか。
こまめに点検しながら正しいメンテナンスを行っていれば雨漏りは防止できます。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。