外壁からも忍び寄る雨漏り>新宿区I様邸

雨漏りは屋根からだけでなく、外壁からも忍び寄ってくるので注意が必要です。
窯業系サイディングは施工やメンテナンスがしやすく、工期を短縮できます。
さらにモルタルより軽く、耐震性・耐火性に優れているので近年の主流になっています。
雨水で汚れが落ちるので、メンテナンスの必要がないと思われがちですが、
やはり再塗装やシーリングの打ち直しは必要です。

PENTAX DIGITAL CAMERA

新宿のI様邸で洗面所の壁が湿っているので見に来てほしいと、ご相談いただきました。
調査してみるとサイディング外壁の、シーリングの劣化部分から雨水が侵入した事が分かりました。
サイディング外壁のつなぎ目に使われているのがシーリングというゴム状の素材です。
これは雨水の浸水を防ぎ、台風や地震などの揺れを吸収して緩和する役割もあります。
サイディング外壁よりもシーリングの劣化の方が早いので、
メンテナンスはシーリングの打ち増し(既存のシーリングの上から足す)と
打ち替え(既存のシーリングを撤去して、新しいシーリング材を打つ)があります。
I様邸では、シーリングの打ち替えで無事雨漏りが止まったとご報告いただきました。
これで、もし次に雨や雪が降っても雨漏りの心配はありません。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。