笠木から雨漏り>足立区E様邸

近年では中古物件をリフォームをして、ご自分のお住まいにされる方が増え続けています。
E様邸もそのひとつで、隣が公園という好条件が気に入ったという事でした。
しかし、住み始めて3年ほどたった頃から雨漏りが始まったといいます。
非常に困っているとご相談いただき調査。

雨漏りは1階リビングの天井です。真上にはベランダがあるので念入りに調べてみると、
ベランダの笠木に亀裂が入っており、そこからの浸水と判明しました。
「笠木」とは門や鳥居にも使われている上部の仕上げ材で、
防水や防腐のためにベランダの上部を覆うように施工してあります。
ベランダは常に紫外線にさらされ、雨や風、砂ぼこりなどを直接受けとめているので、
建物の内部より劣化が早いのです。
E様はリビングの天井が雨漏りした時に、やはりすぐ上のベランダを疑って毎回点検していたのですが、
ベランダの床ばかり見ていたそうで、笠木の亀裂から水が入る事に驚かれたようです。

132

新築住宅の場合は引き渡しから10年間の保証が義務づけられていますが、
中古物件の補修のほとんどは買い手が自分で行う事になります。
見た目が綺麗でも、特に目に見えない内部は住み始めてから不具合が出てくる事も多いのです。
リフォームが進んでしまうと現状が分かりにくくなってしまうので、
特に雨漏り、水漏れは購入前にしっかりチェックしましょう。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。