下屋根から雨漏り>新宿区G様邸

内装リフォーム中のG様邸ですが、その最中に雨漏りしていた場所を発見したため
内装より先に改修工事を行う事になりました。
雨漏りは1階の出窓付近です。近頃は寒さのため窓も結露しているので、
出窓の上から雨漏りしている事にしばらく気づかなかったようです。

出窓上の屋根を調査したところ、折板と折板のつなぎ目部分が剥がれる経年劣化が見られます。
防水シートの劣化もあり、シーリングと防水シートの張りかえを行いました。
そして、ここが雨漏りする一番の原因だったのですが、既存の屋根は緩勾配でした。
緩勾配屋根は雨水がうまく排水されず、屋根に水が溜まって雨漏りの危険が高まります。
大屋根から落ちてきた先日の雪が、この下屋根にずっと溜まって溶けずにいました。
そこで少し傾斜をつけて、水はけをよくします。
豪雪地域では、屋根からの落雪を警戒して、意図して屋根に傾斜をつけない場合もあります。

PENTAX DIGITAL CAMERA

G様に内装リフォーム中にプロに見てもらって雨漏りの心配が無くなったと、
とても喜んでいただけて、私たちも安心しました。
こんな所から!?と思うような小さな庇、出窓屋根も雨漏りの危険性が隠れています。
家の事に目を向けた時がメンテナンスのチャンスです。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。