天窓からの雨漏り(港区)

光を室内に取り入れ、雰囲気のある空間を作り出す「天窓」。
風の通り道にもなるので、明るく気持ちの良い空間を作り出すこと
ができます。室内にいながら日の光を感じることができるため、
特に窓からの採光が難しい場合は、取り入れる住居が増えています。
特に都心部では、住居が密集しているので天窓はマストアイテムと
いっても過言ではないでしょう。そういう便利な天窓なのですが、
反面、汚れが目立つ、まぶしいといった不満の声も目立ってしまいます。
そして不満の最たるものが雨漏りですね。
天窓は、基本的には屋根に穴を開けて設置するもの。突起物なので
雨は必ず受け、ガラス部分はもちろんのこと、出っ張った上の方に
水が溜まりやすかったり、水が回りこんでしまったりするので雨漏
りの危険性が高いのです。各メーカーで水が入り込まないように
技術は進歩しているのでがう、それでも一層気を配った施工が必要
になる場所です。天窓からの雨漏りの原因は、主に3つあります。

1.ゴムパッキンが劣化する
窓枠に使われているゴムパッキンと同素材ですが、壁のシーリング材と
同様、だいたい10年程度で劣化してきます。

2.ゴミや葉っぱなどの異物の詰まり
長年積もった落ち葉やゴミ、鳥の巣などで、水切りの上の方に水が
入ってしまって中に入り込んでしまうことがあります。
下葺きである程度防ぐことができるとはいえ何年も水が溜まって
しまえば雨水も浸透していきます。下地を貫通しているので、
そのままじわじわ入り込み、雨漏りに発展していまします。

3.防水シートの劣化
防水シートを使うと、天窓の上や脇から流れてくる水をスムーズに屋根
の上に流すことができます。しかし瓦の形状に沿うように鉛でできてい
るので、20年経つとどうしても穴開きが出てきてしまい、
異物の詰まりのケースと同じで雨漏りが発生します。

港区のY様の住居は築10年超の木造住宅です。天窓から雨漏り
があるということで伺いました。調べてみると、トップライトの
立ち上がりコーナーの下葺材の施工不良、捨て水切りの施工不良が
主な原因でした。雨漏り箇所の修繕だけでなく、野地板、垂木までも
交換が必要だと判断しました。

天窓