屋根のメンテナンスは何年ごとに必要?【府中市】

お家のメンテナンスやリフォームを検討している時、まずどの場所のことを考えますか?
キッチンやトイレ、廊下や階段、バリアフリー、やはりお家の中のことを優先して思い浮かべてしまうのではないでしょうか。

 

それぞれのご家庭で色んな優先順位があると思いますが、ぜひ屋根のこともお忘れなく!
屋根は、お家の印象を左右する大きなポイントなんです。
普段、暮らしていても目につかない屋根ですが、電車や高台からご自宅の屋根が突然見えて、瓦の劣化などが気になった事はありませんか?

瓦屋根

屋根のメンテナンスやリフォームは、およそ10~15年ごとと言われていますが、立地の条件によって年数は変わってきます。そして、必ず葺き替えしなければいけないわけではなく、カバー工法で、既存の屋根を撤去せずに使う方法もあります。今回は、屋根の葺き替えについてご案内させていただきます。

 

人気のストレートの屋根は洗練された都会風の雰囲気になり、またコストパフォーマンスや耐震性に優れています。ストレート屋根は夏の暑さに弱いと言われることがありますが、屋根にしっかり断熱材などの工程を施せば、心配いりません。

 

また、最近は古民家風カフェがブームになり、インスタグラムにもよく登場します。一時期東京ではあまり見なくなった瓦屋根の一軒家ですが、また若い世代でレトロな魅力がブームとなっています。

 

瓦屋根は、初期費用こそストレート屋根に比べるとやや高いですが、メンテナンスが長期間不要です。10年に一度メンテナンスが必要と言われているストレート屋根と比べても、長い目で見れば、コストパフォーマンスはさほど変わらないかもしれません。

 

屋根ひとつでお家の印象は全く変わります。ただ、屋根のことはどういう種類があるかやお値段など、あまりピンとこない方も多いかと思います。
そんな時は、まずLOVE STYLEへご連絡ください。