屋根修理にかけるコスト(港区)

港区のJ様は職業がデザイナーなので、インテリアや住宅に
とても興味をお持ちです。そのJ様に質問をしてみました。
「2000万円の住宅に占める屋根の材工価格はいくらくらいに
なると思われますか?」と。J様は、「100万以上でしょう」
と答えられました。しかし、実際はその半分または3分の1で
30万から50万がいいところなのです、と正解を申しあげたら
とても驚かれました。注文住宅で家を建てる消費者は、住宅設計の
打ち合わせで屋根について話し合うことはほとんどないと
思います。せいぜい屋根の色ぐらいでしょうか?なので、
築浅で屋根のトラブルに遭遇すると、「屋根は大切。もっと
考えるすべきだった。」という体験談は少なくないです。
屋根は役割が大きいのに、かけるコストや関心があまりにも
低いのが現状なのです。屋根は、雨、雪、風、雹、台風、
竜巻、地震、日射、冷放射、紫外線、埃、黄砂などから住宅
を保護する役割を持っています。夏季は屋根の表面
温度は80℃位になるし、冬季は、外気温より5℃低いと
言われているので(最近はマイナスも多い)、屋根の負担は
とても大きいものになります。屋根は
はるかに気候の影響を受けやすいのです。そのため住宅が
長寿命するには、最も高い性能が要求される部位とも
言えます。特に耐久性においては、柱、壁など構造耐力上主要な
部分と、屋根、窓、壁などの雨水の侵入に関する部分での
防水が非常に重要なのです。最近建築業界でも住宅を
長寿命化しようという取り組みはなされているのですが、
そのカギを握る「屋根」については、あまり語られていないことが
残念でなりません。

屋根イメージ