軒天チェックで雨漏り防止>足立区O様邸

O様から雨漏りで困っていると連絡を受け、急いで調査。
雨漏りの場所はサッシ上です。いくつか染みた跡が見られます。
調査の結果、今回の雪で横樋が破損し、行き場を失った雪解け水が軒天に伝ってきた事が分かりました。
その後サッシから雨漏りとなって現れたのです。

125_DSCN1175

「軒天(のきてん)」とは外壁から外に出ている屋根の天井の事を言います。
普段はほとんど気にとめない軒天ですが、昔の家は軒が深く、
窓を開けていても雨が吹き込まず、庭先に日陰を作ってくれる大切な役割をしていました。
近頃の住宅事情では家同士が密集して、お隣との距離も近いため軒は短くなってきています。
その分、雪や雨水が建物に吹き込むリスクは高まるというわけです。

軒天の汚れは外壁ほど人目につきにくく、つい後回しにしがちですが、
定期的にチェックする事で、雨漏りが判明する事もあります。
雪解け水によるシミ、コケやカビ、剥がれなどありませんか?
雪の後に一度、軒天をチェックしてみてはいかがでしょうか。

大雪などの天災での雨漏りは、火災保険が適用されるケースがあります。
ただし、雪の前からの経年劣化が原因の雨漏りには適応されません。
詳しくはお問い合わせください。