太陽光パネルによる雨漏り(八王子市)

太陽光パネルは、東日本大震災を機に生じた電力不足で、
再生可能エネルギーとして脚光をあびました。しかし、
太陽光パネルを屋根に設置することで、雨漏りトラブルは、
増える一方です。原因は、一言でいうと、設置業者の
技術、知識、経験不足ですね。取り付け金具を屋根に直接
ビスで固定して施工する際に、ビス穴の隙間から雨水が侵入
して雨漏りが起こっているのです。日射を受ける屋根の
下の野地板は、高温になって水分を放出、高湿な環境を
作り出しています。一方、太陽光パネルの下の野地板は
低温になるため周囲の湿気を集めて水分含有量が高くな
ります。よって、腐朽、劣化し、耐久性が低下する可能性
が高まっているのです。太陽光パネルの設置がまずいと、
パネルの背面に配線のたるみができ、パネルと屋根の間に
隙間が生じるので、そこに落ち葉などがたまり、そこに鳥が巣を作ったり、
雨水が溜まったりして雨漏りに発展します。

太陽光発電

八王子市のS様から半年前ほど、太陽光を設置した屋根から雨漏りがするとの
相談を受けました。調べてみますと、屋根材を緊結する釘や、
野地板を垂気木にとめる釘頭がさびており、野地板に結露と思われる跡があることも
確認できました。しかし、すぐ原因を断定するわけにはいかないので、
少し、長い時間をかけて経過を観察しました。その結果、
屋根材を緊結する釘の頭部は夏季に、貫通した胴部は
冬季に、また野地板の釘は夏季に結露して錆びることが
分かりました。こうして年中結露にさらされることが、
屋根の腐朽や劣化を進行させた可能性が大きいです。原因が特定できたので、
S様とどのように屋根修理するか相談しながら決めていきます。