火災保険適用外の雨漏り(大田区)

都心に降り積もった雪がようやく溶けて、いつもの景色が戻ってきましたね。さて今回のご依頼は、雪の影響もあり、長らく放置してきた雨漏りを直す決意をしたのできてほしい、と大田区にお住まいのS様よりご連絡頂きました。

早速現場に伺います。築年数30年以上、瓦屋根の立派な一軒家です。雨漏りのするお部屋へ確認に行きます何度も雨漏りをするうちに大きなシミが出来てしまい、そのシミが不気味なため、ご主人自ら雨のシミを隠すように塗られたそうです。

雨漏り保険適用外

今回の大雪でも雨漏りが確認できたそうです。確かに、この範囲で雨漏りのシミがあることから、早急に修理が必要だと思います。早速、瓦にあがらせていただき調査をすると、一部瓦がズレていて、屋根の下地から雨水が浸透し天井を濡らしていたようです。

ご主人様に現状を報告し、築年数やこれから住む年数などを考慮し、予算の範囲内でとのご希望もいただいておりましたので、今回は部分修理という形で作業を進めることになりました。

積雪による雨漏りは、火災保険が適用さることがあります。しかし、今回のような以前からある雨漏りが積雪によって悪化した、などの場合は火災保険が適用出来ない場合があります。詳しくはご相談下さい。