雪害で屋根修理>日野市K様邸

雪に慣れていない東京に様々な被害をもたらした今回の大雪ですが、
瓦屋根のずれや破損のご相談が多く寄せられています。
K様邸では大屋根からの落雪で、下屋根の瓦が破損してしまいました。
このケースでは1枚から瓦を交換できたので、費用を最小限に抑えられました。

今までほとんどなかった瓦屋根の「凍み割れ被害」も出ています。
寒冷地用の瓦と比べ、雪があまり降らない地域の瓦は雪に弱い傾向にあります。
雪が降ったあとの寒波によって、水分を含んだ瓦の裏側は乾く事なく凍って膨張し、
瓦を内側から割ってしまうのです。
凍み割れした瓦は次々に割れてしまう事もあるので、部分改修では済まなくなる事もあります。

124_CIMG0585

大雪などの天災での雨漏りは、火災保険が適用されるケースがあります。
ただし、雪の前からの経年劣化が原因の雨漏りには適応されません。
この判断はなかなか難しいものですので、こちらまで一度ご相談ください。
ご自分で火災保険の申請する時間が無かったり、書類を書くのが大変という方のために、
申請代行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

雪止め金具や雪止め瓦は、屋根の形状・材質・面積・勾配によって費用が変わります。
詳しくはお尋ねください。