サッシから雨漏り(杉並区)

今年は、晴天が続いていても寒さがひときわ厳しく、
雪がなかなか溶けないためか雨漏り、漏水関連のお問合せが続いております。
杉並区のK様から連絡がありました。結露と雨漏りの症状は
区別がつかないのですが、お伺いすると、この結露に似た症状は
秋場からあったとのことで、雨漏りと判断していいと思い
ます。秋場は、結露に似た症状が出ても気温が低くないのですぐ
乾いてしまってあまり気にならなかったらしいです。K様
のように、秋場は多少気になる漏水も気温が低くないから
すぐ乾いて放置しているご家庭が少なくないせいか、年明け
から忙しさが増しましたね(汗

雨漏り

調べてみると、K様の場合は、サッシを構成するつなぎ目から
雨漏りしているケースでした。まず、テラスに水をためて
漏水の確認をしました。水をためると、サッシの下枠の
レール面に、毛細管現象で水がしみ込んできました。
部際の継ぎ目に生じた隙間は、製品の製造段階ですでに生じて
居た場合と、施工時に生じた場合があります。どうやら
K様の場合は、後者のようです。サッシの施工は取扱
いを慎重に行っていただきたいですね。出窓のように重い
建具は、足場と建物の間から数人がかりで釣り上げるものです。
その際、落下させたり、乱暴に置いたりすると、変形が
生じます。通常の引き違いサッシは軽いが変形しやすいです。
現場であちこちに動かした結果、変形してしまったという例
も少なくないですね。昨日も書きましたが、築浅で雨漏り
とか、施工現場の不注意で生じてしまうサッシの変形などあり、
職人不足の影響を感じました。