2階からの漏水で1階が雨漏りに -1-(杉並区)

1階で起こっている雨漏りが実は2階から侵入した雨水だったと
いうことはよくあります。それどころか3階から侵入した雨水が
2階ではなく1階に漏れたという事例も珍しくないです。1か所だけと
思われていた雨漏りの侵入口が実は複数あったためなかなか雨漏りが
おさまらないというケースもあります。ただ、一見して複雑そうに見える
事例も一定の傾向があり、部材の構成や施工方法を工夫する
ことで解消できるものもあります。

窓からの雨漏り

お問合せで最も多いケースの一つが窓回りからの雨漏りです。全体の3-4
割を占めますね。杉並区のY様は、竣工して1年も経っていない
木造3階建ての戸建て住宅です。調べてみると、北側壁面に雨漏り
が多いです。発生した箇所は5か所で、そのうちの4か所がサッシ
上枠から水が漏れていました。残りの1か所は空調機付近からの
雨漏りです。サッシの上枠に漏れ出した水野侵入箇所を検査
してみると、上の階にある窓の縦枠や下枠から侵入しているこ
とが多いです。窓の縦枠や下枠から侵入した雨水が壁体内を
十て下の階にある窓の上枠にたまって、窓内側に流れ出して
いるようです。雨水の侵入口は、窓枠の周辺に施した防水シート
と防水テープとの間の密着していないすき間でした。窓まわりの
施工は、サッシを組み込み、サッシ枠のつばの上に防水テープ
を張り、防水シートを張る、という手順が一般的なのですが、
シートとテープとつばの間に密着していないすき間があると、
雨水は容易に壁体内に侵入してしまうのです。密着不良は施工時
の押さえ作業が不足すると生じます。これだけ雨漏りが
生じていることから、密着効果はかなり弱くなっていることが分かります。
(次回に続く)