結露と雨漏りの違い(世田谷区)

今年の冬の寒さは格別ですね。冬の間はとにかく目に付く
「結露」がうっとうしいですねよね。
今回は世田谷区のS様より質問をいただきました。「結露」
と「雨漏り」の違いについてご質問いただきました。まず、「結露」とは
たくさんの水蒸気を含んだ暖かい空気が壁や窓などの冷たいもの
に触れた時におこる現象で、表面に水蒸気が水滴になっている
ことで確認できます。冬場で窓や窓枠が濡れているが代表的
な現象です。室内で発生した暖かい水蒸気が天井裏に上がって
いき、冷たい外気と触れ合うことで結露が発生し溜まった水滴が溢れだすと
天井から水がポタポタ落ちてきて、シミになったり壁にカビ
がはえたりします。そうすると雨漏りと見分けがつかなくなります。
もしこういう現象が冬に限定されるのであれば、「結露」の
可能性が高いでしょう。「結露」も「雨漏り」と同様放置すると
カビの増殖や木材の腐食などが進んできますから、健康や住まいに
ダメージを与えることになります。ただし、「結露」は個人で
対処し、症状を軽減することが困った方は以下のことを試して
みてください。

結露

● 結露はすぐにふきとる
● エアコンの除湿機能を利用する
● 部屋の換気、通風を心がける
● 大量の水蒸気を発生するストーブなどを利用するときは、よく換気する
● 浴室利用後は徹底的に換気する
上記のことを徹底しても、まったく改善されない、あるいは、
窓枠に温度の変化をつけても、不変であるとか、屋根裏をのぞいて
目視で雨漏りが確認された、水漏れの音がしたなどの場合は、
すぐにご連絡ください。