雪の重みで木が折れて屋根修理>中野区F様邸

今回はF様より、雪の影響で屋根修理のご相談をいただきました。
F様邸の横に植えてある木が雪の重みで折れ、屋根に当たって大きな音がしたという事でした。
調査してみると雨樋が破損しており、屋根材の一部に小さな亀裂が入っていました。
今回は雪が降ったうえに風も強かったので、雪が積もった木の枝は想像以上に重みがあったようです。

118

雨降りと違う所は、雪は降ったあとに寒さで氷に変化するという事です。
屋根から雪が固まって氷になった物が落ちてくると、建物がダメージを受けてしまうので、
少しでもおかしい、変な音がしたと思ったら調査した方がいいでしょう。
F様邸では部分改修で雨漏りを未然に防ぐ事ができました。

こういった天災での雨漏りは、火災保険が適用されるケースがあります。
ただし、雪の前からの経年劣化が原因の雨漏りには適応されません。
この判断はなかなか難しいものですので、こちらまで一度ご相談ください。
ご自分で火災保険の申請する時間が無かったり、書類を書くのが大変という方のために、
申請代行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

雪による雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらご連絡ください。