防水シートが劣化して雨漏り(世田谷区)

世田谷区のI様より、「普段は大丈夫なのだが、強い雨の時だけ雨漏りがするので困っている」
という相談をうけました。I様の屋根は瓦屋根です。
外観を点検したところ、防水シートが露出して劣化してある部分を見つけました。

防水シート劣化

屋根からの雨漏りは、瓦のずれや、割れの他に防水シートの露出や劣化も原因になります。
屋根の構造は、下地材である野地板の上に防水シートが貼ってあり、その上に瓦が葺かれて
いるのでう。「防水シート」とは、どういう役割があるのか簡単にご説明しましょう。
防水工事はそもそも種類は3種類あります。
(1)「塗膜防水」で、防水塗料を塗ることにより防水する方法、
(2)「シート防水」で防水シートを貼ることにより防水する方法、
(3)「アスファルト防水」で防水材を「塗る」、「貼る」を
複合的に組み合わせたものです。
「シート防水」は2種類あります。
【塩ビシート】メリット:ゴムシート防水に比べ耐久性がある、
施工しやすく軽量、燃えにくい、既存防水層に上から重ねられる
(撤去費用、残材処理費用、新規の下地作りや雨養生のコストを
削減できる)、工事が天候に左右されにくい
デメリット:ゴムシートより高価、複雑な形状は施工が難しい
【ゴムシート】メリット:安価、耐候性があり、伸縮性も高い、工期
が短い
デメリット:複雑な形状には施工が難しい、塩ビシートより
耐久性が劣る、施工者により精度にばらつきが見られる
I様にご説明したところ、「できるだけ安くしたい」とのことでゴムシートを選ばれました。