瓦屋根の屋根修理(港区)

港区のY様より、屋根の老朽化が目立ってきたので張り替えたいという連絡が入りました。
Y様の家は築50年弱だそうです。
それまで、一度もメンテナンスしたことが無いそうですから、いい頃合いではないかと思います。
日本瓦屋根の平均寿命は大体50年前後で長持ちする素材と言われています。
やはり日本に昔からあるものなので、気象状況など日本の風土に合っているのではないでしょうか。
しかし、50年持つ素材でも、屋根の形状や、気象状況の厳しい地域などでは、寿命が縮まります。
弱点として、瓦は水分に弱いです。屋根の形状が複雑ですと、雨水が滞留しやすくなります。
また雨の多い地域も、滞留した雨水が腐食を促すので、どうしても寿命が短くなってしまいます。
そして、風の影響も無視できません。高台などに位置する家は風が強く、屋根に損傷を受けやすいです。
特に屋根頂上部分の棟板金は最も、強い風を受けやすく、浮いてしまい
がちです。毎年台風の通り道になる地域は、屋根のメンテナンスは欠かせません。
そして、屋根の勾配が大きい住宅も寿命が短くなりがちです。急勾配屋根は、雨は溜まらないので
雨漏りのリスクは軽減されるのですが、その反面、風の影響を強くうけてしまうのです。

瓦屋根

Y様から、長持ちする屋根にするにはどうすれば良いかという質問がありました。
スレート屋根の場合は、まずは塗装のし直しですね。
その他は定期的な補修修理です。よくある補修の事例は、「棟板金の交換修理」、
「漆喰塗り替え」、「棟瓦の積み直し」、「屋根材のズレや割れ、浮きの直し」
です。これらを行うことにより、屋根の寿命は劇的に伸びていきます。