破風板の改修で雨漏り防止>中野区W様邸

窓の上の小さい屋根からクギが飛び出して見えます!このままで大丈夫でしょうか?と、
中野のW様よりご相談いただきました。
放置すると雨漏りが心配なので、調査に行ってきました。

現場を見てみると、窓の屋根の破風板がボロボロになっており、
手で触ると塗装がボロボロ落ちてきます。飛び出ているクギも1本や2本ではない事から、
これ以上放置しておけない状態だった事が分かります。

PENTAX DIGITAL CAMERA

そもそも破風板(はふいた)とは文字の通り、風が屋根内部に入り込むのを防ぐ役割があります。
同時に、台風などの強風の時に、上からではなく横や下から吹きつける雨を防いでいるのです。
そしてもう一つ、破風板は垂木などを隠す役割もしています。
破風板に使われるのは、主に金属系、木質系、窯業系があります。
中でも金属系のガルバリウム板金は、多く使用されています。

修理には大まかに、
塗装し直しだけで済む場合、既存の破風板に板金を巻く場合、破風板を交換する場合、と3通りあります。
W様邸の場合劣化がひどく、台風などの強風の時にクギが抜け落ちてしまう危険もある事をご相談のうえ、
破風板自体を交換する事になりました。
やっぱり屋根からクギが飛び出していては危ないですね、とW様も驚いていました。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。