トタン屋根の屋根修理(杉並区)

最近、晴天が続きますね。こういう時こそ屋根の修理に最適です。
杉並区のI様より屋根の調査の依頼がありました。
I様の家の屋根はトタン屋根です。
トタン屋根は古くから屋根材として材料費が安く、工期が短いことから、
広く使われており今もトタン屋根の家はとても普及しています。
トタン屋根で最初に痛んで劣化しやすい場所は、「唐草トタン」です。
「唐草トタン」というのは、屋根先端の軒樋(横にはしる雨どい)の場所にあるため、
普段の生活では下から屋根を見上げても、軒樋が邪魔で見えないため、傷み具合
を知ることができません。なので、点検で初めて劣化に気づく場合が多いです。
調査してみると案の定、腐食が進んでいました。唐草の内側に
ある「広小舞」という木部も、湿気によって腐食している場合も
少なくないですね。トタン屋根は、瓦屋根やガルバリウム鋼板屋根に比べ、
褪色が早く、錆びやすい、という欠点があります。耐久年数も
おおよそ10年位なので、定期的なメンテナンスが不可欠です。
トタン屋根は基本的に勾配が緩いので、水が溜まりやすく、
基本的に雨漏りしやすいです。なので、トタン屋根の勾配が
気になる場合は、勾配の調整も可能なんです。下地材として
木材をトタン屋根の下に組んで、勾配を付けるのです。その際、
下地処理(ケレン作業)をしっかりやります。そうでないと
せっかく塗装したものが剥がれてくるからです。こういう点は
職人の腕が試されるところなので、とても気を遣う工事に
なりますね。

トタン屋根

今回のI様には、損傷部の修復と塗装で工事費を抑えるか、
耐久性の高い屋根に葺き替えるか選んでもらうことになりました。
長い目で見れば、葺き替えた方が安上りですが、お客様
の状況により、どの方法がベストなのかは違いますので、
弊社では、無理に高い工事を勧めたりすることはありません。