瓦の不具合による雨漏りを防止>足立区E様邸

どうも屋根の瓦がズレているようだと、E様よりご連絡いただきました。
E様邸に調査に行ってみると、遠くから屋根を目視しても瓦のズレが確認できます。
幸いな事に、今のところ雨漏りは発生していないというお話でしたが、
このズレを放置してしまうと雨漏りに繋がり、部分的な改修ではきかず、
屋根全体の葺き替え工事となってしまい費用もかさんでしまうので、
良いタイミングでご連絡いただきました。

ビスで1枚ずつ固定されているわけではない瓦は、強風や建物の振動で浮いたりズレやすいものです。
また瓦の下の防水紙が雨水の侵入を防いでいるので、防水紙の劣化にも注意が必要です。
しかし、そのお陰で1枚だけ瓦を入れ替えたり、部分的に防水紙の劣化を確認できるメリットがあり、
葺き替え工事の必要がなくなる事があります。

108

瓦は退色も少なく耐久性に優れていますが、ここ数年は耐震の事を考えて、
屋根材の軽量化が進んでします。和風の雰囲気を残したまま、
重量が日本瓦の10分の1になるガルバリウム鋼板に葺き替えるお客様も増えています。

今回、E様邸では部分改修工事で済みましたが、今後も定期的なメンテナンスで
純日本家屋を保っていただければと思います。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。