斜壁から雨漏り>足立区H様邸

H様邸は店舗と居住を兼ねた3階建て住宅で、3階の外壁は斜めになった斜壁になっています。
3階建て以上になると境界線の距離によって斜線制限があるので、このような斜壁の建物を見かけます。

106

H様邸では3階サッシと壁からの雨漏りでお困りでした。
調査の結果、この斜壁からの雨水侵入と判明しました。
屋根とほとんど変わらない角度にありながら、設計では外壁として扱われるので
下地に屋根用の防水処理も施されていないままになっていました。
これでは雨水が侵入してしまうのも無理はありません。
H様邸では屋根材を張った事で、雨漏りはそれ以降ないと喜んでいただけました。

斜壁は屋根として考えて屋根材で仕上げるか、防水処理を施さなければなりません。
見た目重視や予算の都合で外壁と同様に仕上げると、いずれ雨漏りが発生し、
その結果、予算以上の費用がかかってしまう事もあります。
また、斜壁が繋がる垂直の外壁にも雨水が直接当たる事にもなり、
きちんとした防水処理と定期点検が必要になります。
見た目よりも雨漏りを止める事を優先するのなら、金属屋根を葺いたり、
板金で覆われた笠木を新設するという方法もあるので、興味を持たれた方はご連絡ください。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。