強い雨風の時だけサッシから雨漏り>新宿区O様邸

強い雨風の時だけ窓に雨が染みると相談を受けて、現場調査。
サッシから雨漏りする原因について考えられる事は、いくつかあります。

まず、窓枠のコーキングが劣化して剥がれたり隙間ができて雨水が侵入するケース。
コーキングは10年ほどで劣化してしまうので、まずここをチェックします。
それから窓の上に屋根がついている場合は、その屋根から水が入っていないかを見ます。
屋根と外壁との境目に隙間がないか、ひび割れや穴がないかチェックします。
また雨漏りと勘違いしてしまうのは、引き違いサッシの場合です。
強い雨風で横なぐりの雨の時は、引き違いの境目から雨水は侵入している事も考えられます。

104

そしてO様邸のケースはこれに該当したのですが、窓周辺に配管や換気扇が通っている場合です。
「強い雨風の時だけ窓に雨が染みる」というお話でした。
台風などの強い雨風の時は、雨が上から降ってくるとは限らず、下や斜めからの巻き上げが起こります。
そのためO様邸では、巻き上げた雨水が換気扇から入り、
壁の内部を伝ってサッシ上部に雨漏りを発生させていました。
換気扇のフードカバーを付け直し、劣化していた窓枠のコーキングを打ち直して
O様邸の雨漏りは止まりました。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。