スレート屋根の屋根修理(港区)

スレート屋根は、安くデザイン性が高いので、今や住居の屋根材として
定番的存在になっています。
スレート屋根の主原料はセメントです。
スレート屋根の長所は、そのセメントを利用することで、軽量化でき、地震のの揺れを
小さくしたりすることです。
短所は、軽いがために耐久性や強度が小さくなってしまうこと、つまり割れやすいことですね。

最近は、異常気象が多く、強風の際、飛来物が飛んできて割れてしまった、
とか大粒の雹(ひょう)が降ってきて割れてしまったとの報告を受けます。

スレート屋根

港区のE様より、屋根の点検をして欲しいとの連絡があり、行ってまいりました。
スレート屋根でひび割れた箇所が数点ありました。
今のところ雨漏りは無いとのことでしたので、差し替えで済む
かどうか下地材を見て判断することにしました。
下地材を調べたところ、問題はなさそうなので、お客様になるべく負担をかけないように、
1枚すべて交換するか割れた部分を補修するか選んでいただくことにしました。
本当は1枚まるごと交換する方が安心なのですが、屋根材も日々進化し、以前の製品の在庫
が無い場合もあります。
そういう場合は、似たもので代用することもあります。
また、接着剤で補修することも可能です。
いずれにせよこの工事は、はじめに割れた屋根材を抜く作業がありますので、
下地のルーフィング材を傷つけないよう慎重に行う必要があります。