トタン屋根からスレート屋根へ屋根修理(港区)

港区のY様から、屋根材が劣化が目立つので葺き替えをして欲しいという
依頼がありました。トタン屋根を剥がしてみると案の定、中の「心木」は
かなり老朽化しているので取り除きました。
野地板の上にアスファルトルーフィングを敷き、屋根材をしきつめていきます。
スレート屋根のメリットは、「高耐久性」、「耐火性」、「耐熱性」、「耐腐食性」、
「経済性」、「デザイン性」などが挙げられます。

スレート屋根

最近は、ガルバリウム鋼板と並んで需要があります。ガルバリウム鋼板とスレート屋根の違い
を申し上げますと、「耐熱性」、「遮音性」、「デザイン性」、「耐塩害」に対しては、
スレート屋根>ガルバリウム鋼板であり、「メンテナンス性」、「防水性」、「経済性」
に対しては、スレート屋根<ガルバリウム鋼板になります。スレート屋根は、定期的に塗装が必要
となります。目安は10~15年程度ですね。雨漏りなどの被害が出てしまうともう、塗装などの
メンテナンスでは対応不可になってしまいます。
外観である程度判断できるので、スレート屋根に「色褪せ、色むら」、「塗料が剥げる」、
「カビやコケが生える」、「ひび割れている」、「ずれている」、「屋根材を止めている釘が
さびている、抜けている、緩んでいる」などの小さな異変を見逃さないことが大切ですね。