漆喰の詰め直し(雨漏り予防)渋谷区

今回は、築10年の渋谷区にお住まいのS様よりご相談をいただきました。 早速、屋根に上がり調査を開始します。

一般的な瓦屋根の住宅では、瓦と瓦の間に漆喰が用いられています。 接着剤の代わりの様なものですね。 この漆喰は、風雨や直射日光など過酷な自然環境に晒され続けているので、 時間とともに劣化していき、崩れてしまう場合があります。

S様邸も築年数とともに漆喰に劣化がみられます。 漆喰は約10年ほどで粘着力が弱まるといわれています。 このままでは、劣化が進行し剥がれおちてしまう場合があります。

今回は、劣化はあるものの軽度のため、漆喰の詰め直し工事で対応させていただきました。 漆喰の詰め直しは古くなった漆喰をすべて撤去してから、新たに詰めなおします。 古い漆喰や葺き土を除去せず上から塗れば一見キレイに見えますが、 粘着力が弱まっているのでにすぐにまた剥がれてきてしまうので、注意が必要です。

Jpeg

漆喰の崩れや剥がれなどの劣化がひどい場合は、1度棟瓦を解体し1から作り直す必要があり 棟の取り直し工事になってしまいます。 その分、費用も増えてしまう為、早めのメンテナンスが肝心です。

お見積やご相談は無料です。フリーダイヤルもしくはメールにてお問い合わせください。

フリーダイヤル 0120ー494ー978

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

 

PAGE TOP