小屋根裏の湿気にご注意ください!!

小屋裏昼間は暑く急に夕方から冷え込んでくると、窓が曇ったりすることありませんか?
梅雨だけでなく、気温の変化が大きくなる季節の変わり目は湿気にも注意しなくてはいけません。

◆小屋根裏とは?
一戸建て住宅の屋根材を支える野地板(のじいた)と天井に囲まれた半室内空間のことです。
屋根裏ともいわれています。
なんと、夏場の小屋裏の温度は60℃-70℃まで上昇すると言われていますsweat01.gif
小屋裏に熱がこもり高温になると、室内の温度上昇は避けられません。
また、夜になって小屋裏温度が低下し、空気中に含まれていた水分が放出されることにより、木材や断熱材に内部結露が発生すると、カビや腐朽の原因となります。
寒い冬は、外気と室内の温度差により同じような現象が起こります。

見えない部分でもあるので、天井にシミが発生したり、室内がカビ臭くなってから気づくことも少なくありません。
そうなってしまうと、小屋根裏での被害は進行しているケースは少なくないのです。

小屋根裏が湿気により被害が拡大してしまってるのは、上手く空気が換気されていないからです。
つまり、換気口を設置してあげると改善することがほとんどなのです。

近頃は天候の変化も激しくまだ台風も控えておりますし、急な豪雨のような突発的被害を避けるためにもお住いへの被害が進行する前にメンテナンスは早めにしておくことをお勧めします。

★尚、弊社でもドローン調査がスタート致しました★ YouTubeにも動画をアップして行きますのでご興味のある方はご連絡お待ちしておりますhiyo02.gif

ご自身が、何か気になるのであればしっかりプロに確認してもらうのが一番です。 細かい劣化は一気に進行する恐れが多いに有り、劣化の状況により費用も左右されます。

当社は、現地調査も無料で行っております。 些細な不安点でもご相談下さい。

お電話にてご相談も随時受け付けております。

お問い合わせ先★https://.lovestyle-tokyo.com/

PAGE TOP