日野市で間違った塗装後の雨漏り修理

日野市のE様からご連絡で、知らないうちに雨漏りが始まっていたとご相談をいただきました。
雨漏りというのは徐々に雨染みができて水滴がたれるだけではなく、
今回のように前々から雨水が建物内に侵入していたものが、
防水シートや木材が吸収できなくなって表に出てきた物まで様々です。
「知らないうちに雨漏りしていた」というのは厄介で、
数年前から雨漏りが始まっていた可能性があり、
気付いた時には建物内部の木材が腐食している可能性が高いのです。

1785_CIMG0756

E様邸では以前、別の業者さんに屋根塗装をしてもらったそうですが、
雨漏りが止まらなかったという事です。
調査してみると屋根塗装の際に屋根の重なりに作るはずの空気層の隙間が塗料で埋められていました。
気密性や断熱性を重要視すると、
屋根裏に溜まった湿気を外に出せず空気の逃げ場を失って結露します。
普段見えないのでイメージがわかないかもしれませんが屋根も結露するのです。
それを雨漏りと勘違いする事もよくあります。
屋根塗装の際に縁切り、又はタスペーサーをしなかった事で
屋根裏に溜まった湿気を外に出せず空気の逃げ場を失って結露し、
天井に水染みとなって現れるまで気付かない事があるのです。

★雨漏りや屋根の不具合についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
屋根修理・塗装・葺き替えをご検討のお客様は早目のご連絡をお待ちしております。
熟練の職人による直接施工をご提供させていただきます。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP