世田谷区のアパートでカバー工法で屋根修理 -1-

世田谷区のアパートのオーナーU様から連絡がありました。
最上階の天井にシミが発生していて雨漏りを疑っているとのこと。
そのアパートは築22年の鉄骨造3階建てです。
早速調査してみると、最上階の軒天だけに黒い雨染みがありました。
3階の室内を調査したところ、天井材にたわみが生じ、変色していました。
先日降雨があったので、赤外線サーモグラフィーで撮影してみると、
天井材が変色している付近に温度低下が確認できそこで雨漏りを
生じているとおもわれました。U様からその部分の天井裏も
確認して欲しいと頼まれて軒天材を一部取り外したところ、野淵の表面に
雨染みはありましたが、腐朽はしていませんでした。
それから屋根へあがって調査しました。傾斜のある屋根は
シート防水で仕上げられていました。このアパートには屋根点検用の
昇降階段が設置されていないので、屋根点検やメンテナンスを実施
していなかったようです。
すぐに雨漏りの原因は判明しました。
シート防水の重なりが30mm程度しかなくて、継ぎ目が剥がれたり
亀裂が入ったりして隙間が生じていました。この隙間からシート防水の
裏面に入った雨水が広がってALC板屋根下地の継ぎ目から室内へ雨漏りが
生じていたのです。
シート防水の北面はまだ剥がれが無かったのですが、南面は剥がれが
多数生じていたので、全面的な屋根修理が必要になります。
小屋裏の点検口から屋根下地の状態を確認したところ、ALC板屋根下地には
桁行き方向にC形鋼の母屋が入っていました。この鉄骨母屋に改修する
屋根を留め付けることにしました。
明日に続きます。

ベランダ雨染み

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP