日野市で屋根の棟の雨漏り修理

屋根のてっぺんに位置する棟は屋根と屋根を繋ぐ大切な役割をしていますが、
強風や豪雨、台風の後に屋根修理のお問い合わせで多い場所でもあります。
風雨や紫外線を真っ先に受けるためダメージをうけやすく、
板金のクギも浮いて雨水が侵入してしまい、雨漏りに繋がる確率が高いのです。

日野市のI様邸では、棟と瓦を固定している漆喰部分が劣化のため、
ボロボロになって雨漏りが発生していました。
雨水で中の土が流れ出してくると瓦がずれる可能性があります。
1枚ずれてしまうと隣り合った瓦や棟も変形し、
屋根全体に悪影響が出てしまいます。
瓦屋根は早めに修繕すれば、屋根全体ではなく瓦1枚の交換からできるので、
コストを抑える事もできます。

Jpeg

瓦屋根は他の屋根材よりも長持ちすると言われていますが、
これは瓦だけの話で、防水シートや木材、漆喰などは劣化したり、
すり減ってしまうので、定期的なメンテナンスを行わなくてはなりません。
また過去の瓦屋根には土が敷かれており、
これは地震が多い日本では建物の頭が重いと崩れる危険が伴うので、
軽い防水シートに変えたり、屋根材の葺き替えなどで
雨漏りを防止する工夫が必要になります。

★雨漏りや屋根の不具合についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
屋根修理・塗装・葺き替えをご検討のお客様は早目のご連絡をお待ちしております。
熟練の職人による直接施工をご提供させていただきます。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP