世田谷区で改装中の雨漏り修理 -1-

世田谷区のW様から、「自宅を改装中だが不安な点があるので見て欲しい」
との依頼をうけました。W様は以前弊社で屋根修理をしたお客様です。
W様の家は、木造住宅です。工事中の内部をのぞいたら、透湿防水シートに水が染み
透っているいる箇所があり、工務店に理由を尋ねたのですがはっきりと物を言わない様子
だったので、以前ご縁のあった弊社への相談を思い立ったそうです。
一般に、外壁下地に用いる透湿防水シートは、水滴を通さない「撥水性」
を有しているはずです。W様の場合、原因は外壁下地
とサイディングの間に通気層を設けるために打ち付ける「絶胴縁」でした。
絶胴縁には一般的に、厚さ15mm、幅45mmの木材が使われます。そして
胴縁向けとして出荷されている木材には、防腐防蟻処理を行ったものがあり
ます。今回薬剤処理を施した胴縁材と透湿防水シートの
相性の悪さが分かりました。調べてみますと、透湿防水シートメーカーの旭・デュポン
・フラッシュスパンプロダクツ(以下、デュポン社東京都千代田区)は、
2011年6月24日付けで、住宅会社各社に対し注意喚起を促す文書を配布
しています。薬剤処理済の胴縁は多量の雨水にさらされると、薬剤
が溶け出し、シートの防水性を低下させるという注意喚起がありました。
透湿防水シート協会もリスクがあることを告知しているようです。
明日に続きます。

リフォーム中1

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP