港区で硬化不良を気を付けながらの屋根修理

港区のN様からの依頼で鉄筋コンクリート造のアパートの屋上で定期点検を行いました。
降雨のあとでしたので、防水層表面に水たまり部分が所々にあり、
白化しているのを見つけました。防水工事施工後間もない時期とのことでした。
仕上げ塗装はポリエステル樹脂系のトップコートを使用していました。
ポリエステル樹脂系のトップコートは、塗装面が低温であったり結露
したりする部分に塗装した場合、完全に硬化せず、未硬化の状態になることがあります。
その状態で降雨などによって水分が塗装面にたまると、加水分解し、
表面が白化するのです。
またポリエステル樹脂系のトップコートは気温が高温の夏季だけでなく低い冬季にも
表面の硬化不良を起こすことがあるため、注意が必要です。ポリエステル
樹脂系のトップコートには、表面を完全に硬化させる機能をもった添加剤
が含まれています。しかし、添加剤は近年のような夏季の超高温の場合はトップコート
の硬化の遅れとともに析出が不十分となったり、また冬季の超低温の場合にも
トップコート何に溶解し析出が不十分になったりするなど、思わぬところで硬化
不良を起こすことがあります。そのほか、室内や水槽などの現場でも、
含まれる溶剤の滞留していることにより、トップコートの硬化が想定通りいかない
場合があります。

硬化不良

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評です!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP