新宿区で間違ったDIYで雨漏り修理

ステイホーム期間に家族に頼まれてDIYした方も多いと思います。
ホームセンターで簡単に雨漏り修復の材料が手に入るようになりました。
しかし雨水の入口と出口を間違えると水の通り道が変わってしまい、
出口を塞いでしまうと雨水が建物内部に侵入して、
修復する前よりも酷くなってしまう事もあります。

1685_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d1

新宿区のI様邸で同じ場所から何度も雨漏りするいうご相談をいただき、
さっそく調査にうかがいました。調べてみたところ、
サイディング板とサッシのコーキングが切れてサッシから壁内部に浸水していました。
I様がサッシ上の下屋根からの雨漏りと思い下屋根のコーキングを施したという事でした。
ここは元々雨漏りは見られずコーキングした後もサッシから壁際を雨水が伝い、
野地板の腐食が進んでいました。
サッシ周りの修繕を行いその後雨漏りはしなくなったとの事で安心しました。
コーキング材は約10年ほどで剥がれてしまいますので、
またメンテナンスを行う必要がある事をご説明したところ、
その時はまたお願いしますと声をかけていただきました。

★雨漏りや屋根の不具合についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
屋根修理・塗装・葺き替えをご検討のお客様は早目のご連絡をお待ちしております。
熟練の職人による直接施工をご提供させていただきます。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP