雨漏り修理[笠木の不具合]>大田区

雨漏り発生に繋がる笠木の不具合は様々です。
笠木上部に留めてあるビスが錆びて周辺に隙間ができ、
雨水が侵入してしまう事があります。
確認してもらったお客様からも、
こんな小さな隙間から雨水が侵入する事に驚かれると思いますが、
水はどんな小さな隙間でも侵入できるのです。
また笠木が複雑な形をしている場合、そのつなぎ目のシーリングが劣化して
雨水が侵入するケースも多くあります。
笠木は紫外線が直接当たるので、長年メンテナンスをしていない場合、
直射日光によって笠木の変形や反り、歪みから雨漏りが発生してしまう事もあります。

1097_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_590

大田区のお客様より雨漏りのご相談をいただき、調査に行ってまいりました。
ベランダの手すり上部に取り付けてある笠木の不具合が確認できました。
手すり部分から雨漏りと聞くと驚く方も多いと思いますが、
一般的には雨漏りの原因は屋根からだけではない事はあまり知られていません。
笠木部分も屋根同様、雨水や紫外線にさらされているので、
ここに不具合が生じると手すりから建物内部に雨水が侵入して、
建物の木造部分に悪影響をおよぼしてしまいます。
定期的なメンテナンスで早期に不具合を修繕する事が
雨漏りを事前に防げる策と言えるでしょう。

★屋根の葺き替えをご検討のお客様は早めのご連絡をお待ちしております。
雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP