休眠楽器を学校に寄付しよう。こんなふるさと納税の取り組みが広がっています【保土ヶ谷区】

屋根調査。ドローン調査。雨漏り対策

ふるさと納税を活用して、若者を支援する仕組みが広がっています。
使わなくなり家で眠る楽器が、ふるさと納税で寄付され、楽器不足で
悩む中高学校の吹奏楽部に届けられています。この取り組みは昨年10月に、
いなべ市が仕組みを作り、1年で100を超える楽器が寄せられました。
今年はさらに5市町も休眠楽器を募り始めさらに広がる勢いです。

この仕組みは、楽器を寄付したい人は指定業者に査定を依頼。査定額に応じて
税金が控除され、楽器は業者から自治体を通じて学校に贈られます。手続きは、
専用ウェブ「楽器寄付ふるさと納税」を使います。

今後は楽器以外の部活動で使うスポーツ用品にも広げる予定とのことで、
学生のスポーツ活動に役に立つふるさと納税の取り組みが、どんどん増えていくと
いいですね。

災害対策してますか?
屋根は目に見えない部分のため気づきにくいのですが、 四六時中、 自然環境に さらされており、
ダメージを受けやすいところです。 知らぬ間に損傷していることも。。 弊社では屋根調査に
ドローンを 活用しているため、 ドローン画像で 一緒に 確認しながら 今後の 補修計画を立てられます。
屋根がメンテナンスされて いないと、 台風や梅雨で 被害が 拡大し、 それからの 修理だと 大がかりな
修理になってしまいます。
気になる方は早いうちに屋根調査し悪いところがないか調べてみませんか。