冬ならではの雨漏り修理 -2-(世田谷区)

昨日紹介したケースのもう一つの好例が斜面地に立つマンション
です。日当たりの良い南斜面に建つマンションでも、北側は斜面と向き合う
ことになります。建物と斜面に挟まれた空間には、一日中、日が差さない
というケースも少なくありません。しかも、傾斜地を造成する場合は、
切り土にするのが一般的なので、斜面のくぼみに建物を配置していることに
なります。このため、日当たり良好な場所も日陰になり、風通しも悪く
なるので、冷気だまりになります。こうしたマンションの間取りは、
南側にリビングを配置して、斜面のある北側は玄関になりがちです。
暖房をしないため、もともと結露を生じやすい玄関が、さらに結露しやすい
環境に置かれているのです。断熱材の施工など、より一層の結露対策を
促す必要があります。世田谷区N様は東南向きの斜面に建つマンションに
お住まいです。北西側に位置する玄関のカビにずっと悩まされています。
斜面と建物に挟まれた空間が日が差さず、風通しも悪いので冷気だまりに
なるのです。湿気が多く、外壁にもコケらしきものが見られました。
北側の部屋では、酷いガラス面への結露もありました。そこで、改善策として
風量の確保を提案いたしました。具体的には、良く知るの換気扇を
換気量の大きなものに交換し、自動運転のコントロールスイッチを設置しました。
部屋から廊下への風道は、扉のアンダーカットで確保しました。給気口
を清掃して、計画通りの給気量を確保することも併せて提案いたしました。

冬ならでは2

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

メールアドレス http://www.lovestyle-tokyo.com/form/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP