屋根修理[天窓の撤去について]>足立区

ここ最近、天窓についてのご相談を多くいただきます。
数年前までは「天窓を取り付けたい」という要望が多かったのですが、
最近は逆転して「天窓を撤去してほしい」と希望される方が増えてきたのです。
やはり、ここ数年の異常気象が原因と思われます。
都内にも突然ヒョウが降ったり、今までにない大雪になったり、
多発する台風やハリケーンなどにも注意が必要になってきました。
明らかに10年前とは気象が変わって、最近では猛暑が当たり前のようになっています。
日本には季節が移り変わる四季があるので、
夏の猛暑から冬の寒さまで、あらゆる気候に対応していかなくてはなりません。

Jpeg

足立のお客様も新築の時に付けた天窓を、
次回の屋根リフォームの際に撤去しようか悩んでいると、ご相談いただきました。
天窓は自然光が入るので、日中は照明を使う事がほとんどなくなり省エネにもなります。
住宅密集地では特に近隣の目も気にせず、自然の風を入れられるので重宝します。
ただ、今年の夏は猛暑のため日差しが暑く眩しすぎたり、
豪雨の時は雨音が大きく聞こえて怖かったという声も聞きます。
天窓も正しくメンテナンスすれば雨漏りの心配はないのですが、
生活にストレスを感じるという事であれば、
思い切って撤去するのも、ひとつの方法だと思います。

★ドローンによる屋根調査のご相談もご好評いただいております。