今年は特に!屋根の定期点検も検討してください。 墨田区

墨田のS様から、瓦の葺き替えを検討しているのですが、とのお問い合わせを
いただきました。
詳しくお聞きすると、吹き替えをしなければと思ったきっかけは雨漏りの症状があったので、とのことでした。
今年は雪が降ったり、秋の大意風では何度も大荒れになったり、、と続き、天井にうっすらと
シミのような現象が現れ、触ってみたら湿っていたので、ということでした。

このようなきっかけで修繕のお問い合わせ、実は今季は多くなっております。
通常、雨漏りがしているからとか、見た目にも瓦がずり落ちそうとか、これは
誰もがわかる屋根葺き替えのタイミングです。しかし、実は雨漏りしてからでは遅い
場合も少なくありません。
なぜなら、その場合はすでに瓦の下のベース部まで傷んでしまっていることが多い
からです。
S様から早速にも調査をして欲しいとご依頼を頂き現地へ向かいました。
屋根へ登り拝見すると、一部棟下の漆喰が落ちてしまっていて、下棟ののし瓦が
ズレていました。また、固定している鉄釘が錆びて膨張し、瓦が割れている箇所も
ありました。しかしこのタイミングで原因がわかったことで、即修繕を行うことができ
最悪の状況は避けることができました。
よくあるケースとして、つい放っておいたり、そんな様子を知って悪徳業者が訪問して
くる、、、など様々な被害が起きているのです。
そのため私たちは定期的な点検を是非ともおすすめし、家や屋根の健康を把握ことをご紹介しています。

今年は特に

現地調査・お見積もりは無料です。