屋根修理[屋根材の選択]>新宿区

9月の台風シーズンから、破損した屋根のリフォームを検討中のお客様が多く、
屋根の葺き替えにともなってご相談いただくのが屋根材の選択です。
葺き替えをご希望された新宿のお客様も、屋根材についてお悩み中です。
瓦屋根住宅の場合、今までの和風の雰囲気を変えたくないとご希望される場合が多く、
瓦の形をしたガルバリウム鋼板を選ぶ方もいらっしゃいます。
重量も日本瓦の10分の1になり、和の雰囲気も今までと変わらず保てるので、
和風家屋にお住まいのお客様から人気があります。

Jpeg

現在の主な屋根材は、瓦、スレート、ガルバリウム鋼板です。

●瓦
粘土を焼いたもので日本では古くから使用されています。
退色もなく耐久性に優れています。
重量がかなりありますが、瓦自体のメンテナンスは少なく済みます。

●スレート
合成繊維とセメントを混ぜ、薄い板状にし表面を塗装したもの。
軽量のうえカラーも豊富で、和洋どちらの家にも合います。
性質上、割れ易く塗装が剥げやすいので定期的なメンテナンスが必要です。

●ガルバリウム鋼板
アルミニウム・亜鉛・シリコンからなるメッキがついた鋼板。
耐久性に優れているうえに丈夫です。
屋根材の中では最軽量で施工しやすいので、どのような形状にも対応できます。

建物の立地や屋根の形、周りの建物の密集具合など、
それぞれメリット・デメリット、特徴などをふまえて、
お客様と一緒に考えていきます。
詳しくはお問い合わせお待ちしております。

★ドローンによる屋根調査のご相談もご好評いただいております。